📖 《내 는이 항상 여호와를 앙망함은 내 발을 그물에서 벗어나게 하실 것임이로다 주여 나는 외롭고 괴롭사오니 내게 돌이키사 나를 긍휼히 여기소서 내 마음의 근심이 많사오니 나를 곤난에서 끌어 내소서 나의 곤고와 환난을 보시고 내 모든 죄를 사하소서》 ― : 시편 25:15-18 (대한성서공회 1956년)

📖 «I look to the LORD for help at all times,
and he rescues me from danger.
Turn to me, LORD, and be merciful to me,
because I am lonely and weak.
Relieve me of my worries
and save me from all my troubles.
Consider my distress and suffering
and forgive all my sins.» ― : Psalm 25:15-18 (GNB)

Show thread

:twitter: の 💉 :

タグ検索で を調べてみればいい。来る日も来る日も同じような言論弾圧が繰り返されている。コロナを心から恐れ,率先してワクチン接種を受け,製薬業界ひいてはビル・ゲイツの金儲けに協力しない者は反社会分子なのだ。インフォームド・コンセントという医療倫理の根本原則は今や完全に崩壊してしまって,資本と国家がその権威主義的本性をむきだしにして個々人に襲いかかっている。にもかかわらず Twitter 上では無数の が無邪気に身辺雑記を書き散らし,そこが全体主義の牢獄であることなど夢にも思っていないようだ。

巷で有難がられている「科学」なるものは今や非合理なドグマの集成でしかない。神の声に聴き従って箱舟を建造した義人ノアは大洪水の艱難を生き延びた。この の物語を幼稚なおとぎ話と考えるべきではない。従来「合理的」だと考えられていた知の体系などすでに崩壊している。自分の頭で考えろ。備えるなら今だ。

✝️ «「見よ,おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」この名は,「神は我々と共におられる」という意味である»

― : マタイ1:23 (新共同訳)

イスラムのコーランを読むと,人間ひとりひとりが最後に赴くことになるとされる「天国」と「地獄」の光景が繰り返し繰り返し,執拗なまでに語られるのだが,自分がイエスの教説を通じて,聖書の中に見いだす人間の浄福とは酒池肉林を享楽することでも,天女と歓を交えることでもない。神と共にある歓びを享受すること,これにつきる。そもそも人類の終末についてイエスが遺した予言は,どこかの異世界ではなく,吾々がいま生きているこの地球上で起きるとされていることだ。

✝️ 《聖書の中には,多くのひとたちがイエス様に出会って作り変えられ,人生が新しくされたというエピソードに満ちています。今日お電話を下さったあなたも,主に愛されておられ,作り変えて頂くことができます。どうか,いちど聖書を読んでみて下さい。そしてお近くの教会にぜひ行ってみて下さい。毎週日曜日,どこの教会でも朝の10時前後に,礼拝というものがおこなわれているはずなんです》

vid.puffyan.us/watch?v=qJjMpwS

日本の現代口語訳聖書は好きでないけれども,読者に配慮して新共同訳から引用すれば - 《わたしはぶどうの木,あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており,わたしもその人につながっていれば,その人は豊かに実を結ぶ。わたしにつながっていない人がいれば,枝のように外に投げ捨てられて枯れる。そして,集められ,火に投げ入れられて焼かれてしまう》 (ヨハネ15:5-6)

自分がいま置かれている境遇に照らす限り,これはホントの話としか思えない。社会性を喪失して幽霊の如くさまよい続ける日々。聖書に親しんでいるか否かなどは関係のない話だ。

📖 《汝等もし我が命ずる事をおこなはば,我が友なり。今よりのち我なんぢらを僕といはず,僕は主人のなす事を知らざるなり。我なんぢらを友と呼べり,我が父に聽きし凡てのことを汝らに知らせたればなり。汝ら我を選びしにあらず,我なんぢらを選べり。而して汝らの往きて果を結び,且その果の殘らんために,又おほよそ我が名によりて父に求むるものを,父の賜はんために汝らを立てたり》 - ヨハネ傳福音書 15:14-16

📖 《너희가 나의 면하는대로 행하면 곧 나의 친구라 이제부터는 너희를 종이라 하지 아니하리니 종은 주인의 하는 것을 알지 못하미라 너희를 친구라 하였노니 내가 내 아버지께 들은 것을 다 너희에게 알게 하였음이니라 너희가 나를 택한 것이 아니요 내가 너희를 택하여 세웠나니 이는 너희로 가서 과실을 맺게 하고 또 너희 과실이 항상 있게 하여 내 이름으로 아버지께 무엇을 구하든지 다 받게 하려 함이니라》 - 요한복음 15:14-16

[source] 日本語: 1917年文語譯 한국어: 대한성서공회 1956년

Show thread

📖 《われ山にむかひて 目をあぐ わが扶助はいづこよりきたるや わがたすけは天地をつくりたまへるヱホバよりきたる ヱホバはなんぢの足の動かさるゝを容したまはず 汝をまもるものは微睡みたまふことなし》 - 詩篇 121:1-3

📖 《내가 산을 향하여 눈을 들리라 나의 도움이 어디서 올꼬 나의 도음이 천지를 지으신 여호와에게서로다 여호와께서 너로 실족지 않게 하시며 너를 지키시는 자가 졸지 아니하시리로다》 - 시편 121:1-3

📖 《ヱホバはなんぢを守りてもろもろの禍害をまぬかれしめ 竝なんぢの靈魂をまもりたまはん ヱホバは今よりとこしへにいたるまで 汝のいづると入るとをまもりたまはん》 - 詩篇 121:7-8

📖 《여호와께서 너를 지켜 모든 환난을 면케 하시며 또 네 영혼을 지키시리로다 여호와께서 너의 출입을 지금부터 영원까지 지키시리로다》 - 시편 121:7-8

[source] 한국어: 대한성서공회 1956년 日本語: 文語譯 1917年

《どんなときにも神様に祈り,求めていきましょう。必ず,恵みをもって答えてくださいます。ご自分の言葉で「神様,助けてください」と祈ってみてください。恵みに満ちた神様は,不思議なことをしてくださいます。たとえそうでなくても,神様はあとでわかるように,ちゃんと教えてくださるんですね。恵みの神様を是非お信じになってください》

📹 vid.puffyan.us/watch?v=vikPujt

この先生の話は「信仰」ということに関する最も基本的なことなんだろうと思う。神様からの無償の恵み,それを信じる心。こんなことは小難しい宗教書をいくら読んでもわからないし,その一方でわかるひとにはすぐわかる。自分はどうなのだろう?

📖 《まことに,まことに,アッラーの伴侶たる人々こそ,なんの恐ろしい目に遇うこともなく,また悲しい目に遇うこともあるまいぞ》

📖 《まことに,まことに,天にある者も地にある者も,すべて挙げてアッラーの御手の中にあるのではないか。そのアッラーをさし措いて,ほかの邪神どもを崇める者どもが信奉しているものといえば…。要するに,自分の思惑を信奉しているに過ぎぬ。どうせいいかげんな憶測を働かせているだけのこと》

― : 第10章「ユーヌス」 62,66 (井筒訳)

「まことに,まことに」という言い廻しは聖書に出てくるイエスの語り口そのもの。例えばヨハネ3:5を文語訳でみると - 《まことに誠に汝に告ぐ,人は水と靈とによりて生れずば,神の國に入ること能はず》。コーラン翻訳者,井筒俊彦は書いている:

《回教は自らを目してユダヤ教,キリスト教との姉妹宗教とし…この三つの宗教の聖典は同じ一つの神アッラーの,時代と場所とだけを異にする同じ一つの啓示と考えているので,『コーラン』の文章は『旧約聖書』とキリストの『福音書』とを至るところで意識的に踏まえている》

📖 《고기도 먹지 아니하고 포도주도 마시지 아니하고 무엇이든지 네 형제로 거리끼게 하는 일을 아니함이 아름다우니라 네게 있는 믿음을 하나님 앞에서 스스로 가지고 있으라 자기의 옳다 하는 바로 자기를 책하지 아니하는 자는 복이 있도다 의심하고 먹는 자는 정죄되었나니 이는 믿음으로 좇아 하지 아니한 연고라 믿음으로 좇아 하지 아니하는 모든 것이 죄니라》 - 로마서 14:21-23

📖 《肉を食はず,葡萄酒を飲まず,その他なんぢの兄弟を躓かする事をせぬは善し。なんぢの有てる信仰を己みづから神の前に保て。善しとする所につきて自ら咎めなき者は幸福なり。疑ひつつ食ふ者は罪せらる。これ信仰によらぬ故なり。凡て信仰によらぬ事は罪なり》 - ロマ書 14:21-23

[source] 한국어: 대한성서공회 1956년 日本語: 文語譯 1917年

Show thread

📖 《그리스도는 모든 믿는 자에게 의를 이루기 위하여 율법의 마침이 되시니라》 ― 로마서 10:4

📖 《キリストは凡て信ずる者の義とせられん爲に律法の終となり給へり》 ― ロマ 10:4

📖 《네가 만일 네 입으로 예수를 주로 시인하며 또 하나님께서 그를 죽은자 가운데서 살리신 것을 네 마음에 믿으면 구원을 얻으리니 사람이 마음으로 믿어 의에 이르고 입으로 시인하여 구원에 이르느니라》 ― 로마서 10:9-10

📖 《なんぢ口にてイエスを主と言ひあらはし,心にて神の之を死人の中より甦へらせ給ひしことを信ぜば,救はるべし。それ人は心に信じて義とせられ,口に言ひあらはして救はるるなり》 ― ロマ 10:9-10

📖 《누구든지 주의 이름을 부르는 자는 구원을 얻으리라》 ― 로마서 10:13

📖 《すべて主の御名を呼び求むる者は救はるべし》 ― ロマ 10:13

[source] 한국어: 대한성서공회 1956년 日本語: 文語譯 1917年

《わしの罰は,わが心のままに誰にでも下る。わしの慈悲は宏大で一切のものにおよぶ》 ― コーラン第7章「胸壁」 156(井筒訳)より [mstdn.io/@mr_absentia/10703332]

あらびっくり聖書そっくり。出エジプト記33:19で,神はモーセに対しなんと言っているか? 《我は惠まんとする者を惠み憐れまんとする者を憐れむなり》(文語譯)。この言葉はパウロのローマ書簡9章で,人間の救いは自らの意志や努力でなく神の憐れみによるという自説の傍証として引用されている。モーセは回教圏でも「預言者ムーサー」として尊崇の対象であることも附言しておこう。

確かに回教では戒律の遵守を求め,信徒個々人の意志や努力を重視するので,その意味で福音書に登場するパリサイ主義者に近いところがあるけれども,パリサイびとを自分とは全く異質の信仰に生きていた者たちと考えるクリスチャンはいないだろう。基督者よ,ムスリムに対する敵視,あるいは救い難い頑迷な異教徒とみなす傲慢な態度を捨てよ。彼らは紛れもなくあなたたちの兄弟姉妹だ。

昔おぼえた韓国語の再学習をも兼ねて,ハングル版聖書を辞書を引き引き読んだりしている今日この頃。文語調の訳文なのでなかなか難しいのですが,そんなとき日本の文語訳聖書を参照するとすんなり理解できてしまうことがままあり,少し驚いています。恐らくは,もともと日本の文語訳をベースに訳文が作成されたのではないか。

いま日本の教会で用いられている口語訳の聖書は,日本語の翻訳としてあまりにも貧弱なので,この国でクリスチャン人口が増えない一因なのではとすら思うほどです。多くのひとが名訳と認める戦前の文語訳は,基督教会から顧みられないまま埃をかぶっています。その点,格調の高い文語体を現在も堅持している韓国は立派です。基督教に関して,両国の活力の差はこのあたりにもあるのかもしれません。

Show thread

📖 《세례요한이 와서 떡도 먹지 아니하며 포도주도 마시지 아니하매 너희 말이 귀신이 들렸다 하더니 인자는 와서 먹고 마시매 너희 말이 보라 먹기를 탐하고 포도주를 즐기는 사람이요 세리와 죄인의 친구로다 하니 지혜는 자기의 모든 자녀로 이하여 옳다 함을 얻느니라》 ― 누가복음 제7장 33-35절 (대한성서공회 1956년)

📖 ルカ7:33-35,文語譯: 《…バプテスマのヨハネ來りて,パンをも食はず葡萄酒をも飲まねば「惡鬼に憑かれたる者なり」と汝ら言ひ,人の子きたりて飲食すれば「視よ,食を貪り,酒を好む人,また取稅人・罪人の友なり」と汝ら言ふなり。されど智慧は己が凡ての子によりて正しとせらる》

제가 사랑하는 성경 말씀의 하나입니다.

«Gott hat alle Dinge geschaffen.
Sie bestehen durch ihn
und haben in ihm ihr Ziel.
Gepriesen sei er für immer und ewig! Amen.»

― : Römer 11:36 (Deutsche Bibelgesellschaft 1982)

: ローマ書簡 11:34-36,文語譯: 《『たれか主の心を知りし,誰かその議士〔はかりびと〕となりし。たれか先づ主に與へて其の報を受けんや』これ凡ての物は神より出で,神によりて成り,神に歸すればなり。榮光とこしへに神にあれ,アァメン》

Show thread

《我等もしキリストと共に死にしならば,また彼とともに活きんことを信ず。キリスト死人の中より甦へりて復死に給はず,死もまた彼に主とならぬを我ら知ればなり。その死に給へるは罪につきて一たび死に給へるにて,その活き給へるは神につきて活き給へるなり。斯くのごとく汝らも己を罪につきては死にたるもの,神につきては,キリスト・イエスに在りて活きたる者と思ふべし。
されば罪を汝らの死ぬべき體に王たらしめて其の慾に從ふことなく,汝らの肢體を罪に獻げて不義の器となさず,反つて死人の中より活き返りたる者のごとく己を神にささげ,その肢體を義の器として神に獻げよ。汝らは律法の下にあらずして恩惠の下にあれば,罪は汝らに主となる事なきなり》

― 文語譯聖書: ロマ書 6:8-14

Show thread

📖 백성들아 시시로 그를 의지하고 그의 앞에 마음을 토하라 하나늠은 우리의 피난처로다 ― 시편 62편 8절

詩篇62篇8節,文語譯: 《民よいかなる時にも神によりたのめ その前になんぢらの心をそゝぎいだせ 神はわれらの避所なり》

📖 너는 범사에 그를 인정하라 그리하면 네 길을 지도하시리라 ― 잠언 3장 6절

箴言3章6節,文語譯: 《汝すべての途にてヱホバを認めよ さらば汝の途を直くし給ふべし》

《祈ればなんとかなる》

ホントだろうか? 最近,お酒をやめたいとかなり真剣に思い始めているから。自分の孤独を死ぬまでひとりで支え続けることなど,自分にはできそうにない。

《毎日,様々な思い煩いが心に押し寄せてくるとき,自分で考えて,自分でなんとかしようとするのですけれども,その思い煩いを主に委ねて,ことごとく神様に祈りましょう。主は必ず,私たちに最善をなして下さいます》

断酒と言えば,回教に心を惹かれることも少なくないのだけれど,聖書,特にイエスの理解に関してやはり大きな懸隔を感じる。コーランに登場する「預言者イーサー」は伝統的なユダヤの律法(これは神=アッラーに由来するものとされる)を確証する者なので,その本質は「ひとの罪を赦す権威ある者は神のみ」とするパリサイ主義者と大差がない。自分が聖書を通じて知っているイエスは単なる預言者すなわち人間以上の存在だ。

video: vid.puffyan.us/watch?v=-yRnz0S

: ピリピ4:4-7,文語譯: 《汝ら常に主にありて喜べ,我また言ふ,なんぢら喜べ。凡ての人に汝らの寛容を知らしめよ。主は近し。何事をも思ひ煩ふな,ただ事ごとに祈をなし,願をなし,感謝して汝らの求を神に告げよ。さらば凡て人の思にすぐる神の平安は,汝らの心と思とをキリスト・イエスによりて守らん》

Show thread

: ピリピ2:12-18,文語譯: 《…畏れ戰きて己が救を全うせよ。神は御意を成さんために汝らの衷にはたらき,汝等をして志望をたて,業を行はしめ給へばなり。なんぢら呟かず疑はずして,凡ての事をおこなへ。是なんぢら責むべき所なく素直にして,此の曲れる邪惡なる時代に在りて神の瑕なき子とならん爲なり。汝らは生命の言を保ちて,世の光のごとく此の時代に輝く。かくて我が走りしところ勞せしところ空しからず,キリストの日にわれ誇ることを得ん。さらば汝らの信仰と供物と祭とに加へて,我が血を灌ぐとも我は喜ばん,なんぢら衆と共に喜ばん。かく汝らもよろこべ,我とともに喜べ》

Show thread
Show older
Mastodon

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!